古民家雑貨屋を起業するまでの道のり 

地元で空き家をリノベーションして、古民家雑貨屋をオープンしたいと考えております。その道中に起こるいろんな出来事を赤裸々に綴っていきます。

店名に対する想い

 

先日あったTシャツ作成の打ち合わせ先から、

デザインの案が送られてきました。

f:id:mamenakanaharo:20190619143234j:plain

f:id:mamenakanaharo:20190619142518j:plain

 

めっちゃ良い感じじゃないですか?

僕にはこんなデザインセンスないので、

こうやっていろんな方々の力をお借りして、

いろいろと作り上げていきたいと思っています。

 

このデザインのモデルとなっているのが、これです。

f:id:mamenakanaharo:20190619143523j:plain

これは僕が仕事を辞めて、

九州まで一人旅に行っていた時の帰り道で、

島根県で撮影した写真です。

みなさんも、たまに見かけたことありますよね。

 

太陽を虹が囲んでいる。

 

これは、暈(かさ、halo、英語読み:ヘイロー)というらしいです。

これが出ると天気が崩れるという話もあるのですが笑

僕は、これを見たときに

ラッキーだなというか、

ツイてるな、

このタイミングでこれを見ることができたことに、

何かの縁を感じました。

前向きな、温かい気持ちになりました。

店名はこれに決まりだなと思いました。

 

これをモデルに、

まめなかな haro(ハロ)

という店名に決めました。

まだ物件も何も決まっていないのに、

一丁前に店名は決まっているんです。笑

 

この  まめなかな  という言葉は、

郡上弁で  元気にしとるか?  という意味です。

仲間に久しぶりに会ったりした時に、

 

まめにしとったんか?

 

のような感じで、郡上でよく使われています。

 

僕は、郡上八幡で店を出したいと思った一番の理由は、

この郡上八幡という地元が大好きで、

僕たちの世代がもっと盛り上げていかないといけない、

これからの郡上を創っていきたいと思い、

決断しました。

 

そこで郡上以外のたくさんの観光客の方々に来てもらって、

もっと郡上を知ってもらいたいのはもちろんの事ですが、

なにより地元の方々もふらっと寄れるような

アットホームな店にしていきたいと思っています。

いろんな方々が来てくださって、

笑顔が溢れる場所にしていきたいです。

なのでこの まめなかな という言葉を、

入れようと思いました。

 

まめなかな haro

個人的にすごく気に入っています。

 

①根拠のない思い込み

②周りに言いふらして行動

③否定的なメッセージを排除

 

この3つを意識して、

前向きにやっていきます。