事業承継ブログ。 

2019年6月 地元で古民家雑貨屋をオープンしたいと意気込みブログを開設。独立相談を重ねるにつれ、田舎ビジネスの仕組みを理解し、まずは事業基盤の構築が最優先だと気付いた。よって、2020年1月 地元で米糀みそのお土産を製造している事業を引き継ぐ形となり、現在に至る。

郡上八幡城の麓 キャベツ畑

 

今日は、週末の観光客の状況を確認するため

街中に市場調査に行ってきました。

今日は意外と天気も晴れており、

暑かったですが多くの観光客の方がいました。

ただやっぱりちょっと路地裏に行ったり、

中心地から外れると、

ほとんどお客さんがいません。

おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、

体験型の施設もあったりしますが、

やっぱり時間帯によっては、

お客さんの入りが少ないように感じます。

団体のバスが入ってくる城下町プラザという場所があるのですが、

その付近はお客さんがやはり多いです。

僕のアルバイトしている蕎麦屋さんも、

その付近にあるため、

観光客の方はよくみえます。

そう考えると、前回見に行った物件も良かったのですが、

大型バスの出入りがあるこの近辺を

狙うのも一つだと思いました。

もう一つ感じたことは、

地元の方もみえているお店じゃないと

やっていくのは厳しいと思いました。

そこの地の方々に愛されているお店だからこそ

観光客の方もきてくれると再確認できました。

 

観光の際、街中にはいくつもの

有料の駐車場がありますが、

八幡城の麓の駐車場は、

20台も停めることはできませんが、

無料で停めることができますよ。

少し歩くのが大変ですが、、、

 

そこには、 キャベツ畑

という名のお店があります。

f:id:mamenakanaharo:20190622165718j:plain

キャベツ畑 郡上八幡

ここは、おでんが有名だとよく聞いていたのですが、

今日初めて行ってみました。

お母さんが一人でやってみえます。

もうおでんは、やってみえないみたいです、、

f:id:mamenakanaharo:20190622165904j:plain

僕は焼きそばをいただきました。

 

f:id:mamenakanaharo:20190622170157j:plain

ボリューミーで美味しかったです😊

何人かお客さんがみえて、

「どっからきたんよ❓」

と絡まれ、

「地元なんですよ」

というと、

「ほーか、どこの坊なんや❓」

と会話が進み、

僕が地元で雑貨屋をやりたいという話もしていくと、

工務店さんを紹介してくれたり、

連絡先を聞いてきて、

お客さんでなんか良い情報があったら、

連絡するわ と言ってくれました。

 

改めて郡上人の温かさに触れた、1日でした。

f:id:mamenakanaharo:20190622170700j:plain

春のキャベツ畑