古民家雑貨屋を起業するまでの道のり

地元で空き家をリノベーションして、古民家雑貨屋をオープンしたいと考えております。その道中に起こるいろんな出来事を赤裸々に綴っていきます。

慰霊の日(6/23)

 

1日遅くなってしまいましたが、

昨日は、慰霊の日だったみたいですね。

これは、日本全土というよりも

沖縄県が定めた記念日みたいです。

 

1945年6月23日 沖縄戦の組織的戦闘?が終結した日

 

この日は、日本の司令部の方が自決をした日とされており、

この日以降も、要はこれを知らなかった、信じていなかった、

日本の軍の方々は戦闘を続けられていたということで、

組織的戦闘という言葉が用いられているんだと思います。

 

自分たちが簡単な言葉で表現できるような事では、

当然ありませんが、

現実、この今の時代を生きている僕たちは、

決して忘れてはいけない、

繋いでいかないといけないことだし、

先祖の方達が日本の為に戦ってくれたからこそ、

今、僕は雑貨屋をやりたいという

自分の目標に集中できる環境があるということ。

極論を言えば、

今があるのは全部、戦争を乗り越えた方々が

いてくれたからということです。

乗り越えたという表現でさえも、

適切ではないと思いますが、

とにかく今を一生懸命生きること、

生き生きとしていること、

思い切り平和に感謝すること、

 

今の自分達の悩みなんて、

先祖の方々が聞いたら、

怒りますよね。

 

約1年前、友人と沖縄に行った時に

平和記念資料館であったり、

ひめゆりの塔もいってきました。

f:id:mamenakanaharo:20190624180349j:plain

f:id:mamenakanaharo:20190624180446j:plain

f:id:mamenakanaharo:20190624180455j:plain




今があることは、

決して当たり前ではないと

毎日思うことは難しいかもしれませんが、

今日はいつも以上に感じて、

過ごしています。