事業承継ブログ。 

2019年6月 地元で古民家雑貨屋をオープンしたいと意気込みブログを開設。独立相談を重ねるにつれ、田舎ビジネスの仕組みを理解し、まずは事業基盤の構築が最優先だと気付いた。よって、2020年1月 地元で米糀みそのお土産を製造している事業を引き継ぐ形となり、現在に至る。

郡上八幡のオススメスポット 『紙刃楽(しばらく)』

 

今日も1日、お疲れさまでした。

 

今日は先日行ってきたお店を紹介したいと思います。

f:id:mamenakanaharo:20190709183922j:plain

紙刃楽 郡上八幡

美濃和紙と関刃物のお店『紙刃楽』さんです。

僕が働いている『そばの平甚』の隣にあります。

ここでは、美濃和紙を使ったハーバリウム体験が出来ます。

f:id:mamenakanaharo:20190709184207j:plain

紙刃楽 郡上八幡

f:id:mamenakanaharo:20190709184315j:plain

紙刃楽 郡上八幡

大きさによって、値段が異なります。

一番手前の物が、1,500円。

奥二つは、1,000円です。

僕は一番奥のにしました。

男一人で体験しに来たのは初めてだったみたいです笑

f:id:mamenakanaharo:20190709184621j:plain

紙刃楽 郡上八幡

まずは、この中から好きな色を選びます。

f:id:mamenakanaharo:20190709184731j:plain

紙刃楽 郡上八幡

選んだら組み合わせを考えます。

f:id:mamenakanaharo:20190709184824j:plain

紙刃楽 郡上八幡

あとは、講師の方に言われるがままに

ハサミと鉛筆と糊と竹串を使って、

折ったり、切ったり、丸めたりして、

花を作っていくという感じです。

難しい作業ではありませんが、

手先が器用ではないので、

けっこー手こずりました( ´ ▽ ` )

f:id:mamenakanaharo:20190709185126j:plain

紙刃楽 郡上八幡

講師の方に手伝ってもらいながら、

何とか瓶の中で良い場所を見つけて、

あとはオイルを流し込むだけです。

f:id:mamenakanaharo:20190709185311j:plain

紙刃楽 郡上八幡

f:id:mamenakanaharo:20190709185352j:plain

紙刃楽 郡上八幡

最初は、オイルを入れても、

和紙に染み込むまで少し時間がかかりますが、

段々と鮮やかな色になっていきます。

自分のイメージしていたものには、なりませんでしたが笑

楽しい空間でした。

f:id:mamenakanaharo:20190709185628j:plain

紙刃楽 郡上八幡

紙刃楽さんのfacebookにも、載せていただきました😄

 

街中を散策すると、

いつも住んでいながら、

こんな良い店があったんだと

気づくことがたくさんあります。

 

これからも郡上八幡で

いろんなお店を知って、

学んでいきたいと思います✌️