古民家雑貨屋を起業するまでの道のり 

地元で空き家をリノベーションして、古民家雑貨屋をオープンしたいと考えております。その道中に起こるいろんな出来事を赤裸々に綴っていきます。

北国街道 海野宿

今日はお休みを頂いて、
長野県まで来てます😊

朝方に出発してだいぶ時間があったので、
近くの海野宿(うんのじゅく)に行ってきました。


江戸時代に宿場町として、
栄えていたみたいです。
最初に展示館に行ってきたのですが、
全国の玩具が展示されていました。


かわさき踊りもありました。
そこのお母さんがいろいろと話をしてくれて、
この本陣の土壁は江戸時代のままみたいです。

また道路の幅や水路も江戸時代のままらしい。
水路は、生活として洗濯に使ったり、
馬の飲み水としても使われていたそうです。
本陣より高い家を作ってはいけないということで、
ほぼ全部の家が高さが揃えられており、
本陣より低い高さに作られています。
また横幅が広い家は税金が高かったらしく、
奥行きの広い家ばかりです。
うなぎの寝床って言うらしいですよ😋
その辺りは、郡上八幡と似ている感じがしました。

当時は宿場町でもあり、
遊郭でもあったりして、
二階の部屋は相部屋だったみたい😳
今でも家の前に看板がある家は、
宿として続いてるみたいです。

雨だったのもあり、
観光客の方は少なかったです🤦‍♂️
また寄ったお店についての詳しくは、
次回投稿します。