古民家雑貨屋を起業するまでの道のり 

地元で空き家をリノベーションして、古民家雑貨屋をオープンしたいと考えております。その道中に起こるいろんな出来事を赤裸々に綴っていきます。

分析、分析、分析、、( ;´Д`) 第2回創業塾のまとめ

 

こんにちは。

先日の「第2回 創業塾」について

書きたいと思います。

 

 

タイトルは、

「創業する市場を分析する」

でした。

f:id:mamenakanaharo:20191113125329j:plain

創業塾

 

1、現状分析の必要性

まずは事業計画のベースとなる

自社の現状把握からスタートすることが

大切である。ということでした。

まだ創業していない人でも

現時点での状況の把握をする作業は必要です。

その上で実現したい目標を設定し、

その目標と現実のギャップを埋めるための

具体的な行動を考える。

 

Plan(計画) ← Action(改善)

  ↓        ↑

Do(実行) → Check(評価)

 

経営とは、

このPDCAサイクルの繰り返しで、

適切な目標設定と達成に向けた取り組みを

計画的に継続させていくことです。

 

 

ただこの現状分析には、

「内部環境分析」と「外部環境分析」に

分けられています。

 

f:id:mamenakanaharo:20191113125915j:plain

創業塾

「自社の現状把握」とは、

「内部環境分析」です。

 

2、創業のための環境分析

 

ここから「外部環境分析」について

触れていました。

 

「外部環境」の中にも、

業界動向や経済状況などコントロール難しいマクロ環境や

顧客動向、競合、商圏などある程度影響を与えられるミクロ環境に

分けられていました。

 

そして実際に「3C分析」に「業界」をプラスして、

4つの視点から「内部環境分析」と「外部環境分析」の

勉強をしていきました。

 

3C分析とは、

顧客(市場) Customer

自社 Company

競合 Competitor

の3つの頭文字からきているもので、

①市場は今後どうなるのか、顧客は何を望んでいるのか

②ライバルはどういう強みをもっているのか

③それに対し自社はどのように打って出るのか

を総合的に検討するための分析です。

 

f:id:mamenakanaharo:20191113133846j:plain

創業塾

各項目5分ずつ設けられ、書き出していったのですが

業界と競合がごっちゃになってしまったり、

自社の部分がマイナスワードばっかりになっていたり、

実際に書き出してみようとすると

なかなか進みませんでした、、、

 

しかしこの作業が完成して初めて

戦略、戦術の策定に移れます。

 

f:id:mamenakanaharo:20191113134422j:plain

創業塾

 

 

 

健康をテーマに置き換えるなら、

まだ健康診断が終わっただけです、、、。